スキーのジャンプ競技でよく聞く「K点」、意味ご存知ですか? いやいや「危険(kiken)な点」ではありませんよ(笑)。 確かにもともとはドイツ語の「極限点」の頭文字(K)から採ったん ですが、実は96年にこっそりルール改訂されてます。 今は「建築基準点」の頭文字だそうで。って字、一緒だし(笑)!! ↓  ↓  ↓ 先週は諸事情により、うっかりマタギキをお休みしてしまいました雫 さて冬季五輪ネタはまだまだ続きます。 ジャンプ競技はけっこう人気がありますよね。 多くの方が、「K点越えだーっ!!」とか「テレマーク」とか 耳にしたことがあると思います。 ま、ここではテレマークはいったん置いといてK点の話を(笑)。 私も「(これ以上飛ぶと)危険な(地)点」のことかと思ってたんですよ。 いや、さすがに「kiken点」とまでは思いませんが雫 何でそんな風に思ってる人が多いかというと、 もともとはそういう意味だったからです。 ドイツ語の「Kritisch」(“極限”の意味)が、そもそもの「K点」の“K”。 表すところはすなわち、「これ以上先に飛ぶと危ないとされるポイント」。 これには何m地点という決まりはありません。 ジャンプ台によって異なります。 昔は、最も飛距離の長い選手でも着地地点がK点を越えないように、 大会運営側はスタート地点の高さ、助走路の長さを調節して設定していました。 しかし技術やウエアの進歩により、K点を越えるジャンプも可能に……。 実質、もとの極限点としてのK点は無意味になってしまったんですねー(笑)。 そこで1996年。 こっそり国際ルールが改定されます。 いや、ほんとは全然こっそりじゃないんですけど(笑)。 これまでの「極限点」という定義を改めて、「ジャンプ台を設計・建築する際の基準にする点」、 ドイツ語で“建築基準”を意味する「Konstruktions」ということになりました。 何でわざわざ同じ頭文字の言葉を持ってきたのか。 偶然なのか意図的なのかはわかりませんが……。 それ以降、K点は越えちゃいけない場所から、越えなきゃ得点にならない 場所に変わりました(笑)。 でももちろん飛びすぎはいけません。 かつてのK点(極限点)に当たるものとして、「ジュリーディスタンス」があります。 もちろん現在のK点(建築基準点)より遠くに設定されてます。 ここを越えるようなジャンプが出た日には、関係者があわてて 競技の続行について審議をします。 本当に危険なわけです。 どんどん滑空、着地技術が上がっているため、飛距離はどんどん伸びます。 そこで安全を考えて、選手の飛び過ぎを抑えるルール改正も行われています。 たとえば、長野五輪のころはなるべく風を受けられるよう、みんな ダボダボのウエアを着ていましたが、今では禁止されてます。 別に流行が終わったわけではないのでご注意を(笑)。 というわけで今週のマタギキは以上…… おっとテレマークを置きっ放しでしたね(笑)。 ジャンプの着地姿勢を称して「テレマーク」と言ってますが、 あれは何かの「マーク」を表しているんじゃありません(笑)。 スキーの用具やスタイルの形式で、元はノルウェーの地名(テレマルク)です。 ちなみに板につま先だけを固定したものを指すらしいです。 着地のときに取るテレマーク姿勢とは、テレマークスキーにおける ターンの姿勢という話ですよ。 ではでは。 <文責・秋田大介>

気に入ったらシェアしてね

もうすぐバンクーバー五輪ですねー。
さて、最初の夏季五輪がギリシャのアテネってのは有名ですよね。
では冬は? これは意外と知られていない気がします(笑)。
答えはフランスの「シャモニー」という小さな村(1924年開催)。
ちなみに山梨県富士吉田市と姉妹都市らしいですよ。

↓  ↓  ↓

そもそも冬の競技は、当初はその一部を普通の五輪でやってました(笑)。
第4回ロンドン大会(1908)からフィギュアスケート。
第7回アントワープ大会(1920)にアイスホッケーを導入。

でも、やっぱり冬の大会もあったほうがいいよね。
ってことで、IOC(国際オリンピック委員会)で話し合われたわけですが。

何とこれに冬のスポーツ大国である北欧3ヶ国が反対(笑)。

出れば強いのになぜなんでしょうねえ?
表面上の理由は「開催地候補が一部地域に限られてしまうからなあ」でしたが、
本音は「もう我々が開いてる競技会があるから十分だろ」です(笑)。
特にノルウェーのホルメンコーレンでの大会が盛んだったようで。

何だかんだで結局、“試験的に”フランスで開くことになりました。

というわけでシャモニー大会。
でも最初からオリンピックと称していたわけではありません。
あくまで試験的な開催だったので

当時のシャモニーはアルプス登山の基地で、辺境の寒村……。

しかし村を挙げて準備を進め、すばらしい大会を開きました。
ために翌年のIOC総会で、この大会を第1回オリンピック冬季大会と呼ぶことに。
やったな、シャモニー

何と、すでにボブスレーも正式種目でした(笑)。

北欧3ヶ国もしっかり参加。
しかも強さを見せつけたようです(笑)。

ちなみに、日本はこの大会に参加してません。
というのも、前年の関東大震災の影響で……

日本が初めて出場したのは、第2回サンモリッツ大会(スイス-1928)。

この大会について。
当初の予定では、夏季五輪と冬季五輪は、同年に同じ開催国で開催する予定でした。
ところが、夏の五輪開催地のアムステルダム(オランダ)には・・・

雪山がない(笑)!!

なので、上記の原則は第2回大会で早くもなくなりました。。。

その後、戦争中の一時期、冬季五輪は開催されませんでした。
1940年には札幌で開催予定だったのですが雫

戦後初の冬季五輪は、第5回サンモリッツ大会(スイス-1948)。
しかし日本は不参加。
なぜなら、第二次世界大戦の敗戦国だったから下向き矢印
ドイツも参加は認められていません。

日本は第6回オスロ大会(スウェーデン-1952)から復帰。

初のメダルは、第7回コルティナダンペッツォ大会(イタリア-1956)。
舌を噛みそうな大会名です(笑)。
回転の猪谷千春が故障明けながら、見事銀メダルをもたらしました。

ではでは、いよいよ初の金メダルといえば。

これは有名、第11回札幌大会(日本-1972)!!
ちなみにアジア初の冬季五輪です。
スキーのジャンプ競技で、笠谷幸生が金メダルを獲得。
しかも1~3位まで表彰台を独占したというんですから、もはや伝説です。

さー、今回のバンクーバー五輪はどんな大会になるんでしょう。
実に楽しみですね
個人的には岡崎朋美のファンです(笑)。

ではでは。

<文責・秋田大介>

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*