疲労骨折とは

疲労骨折とは,一回の大きな外力により起こる外傷性の骨折とは異なり,骨の同じ部位に繰返し加わる小さな外力によって,骨の組織の連続性が断たれ,不完全あるいは完全な骨析にいたった状態をいいます。これは針金を何回も曲げ伸ばしていると,ついには折れてしまう現象とよく似ています。 疲労骨折は他に,ストレス骨折,過労性骨障害などとも呼ばれ,特に10 ~20才代の青少年に多くみられ,発育期の特にまだ十分な筋力や骨の強度そして技術を持たないレベルのスポーツ選千が,短期間に葉中的なトレーニングを繰り返すことにより発生することが多いのです。

プロ選手でよく言われる原因は「練習しすぎ」

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク