確かに紅茶を飲む機会が減った

お茶の中でも紅茶は、ペットボトル・缶入り、ティーバック、茶葉ともに飲用機会が減っている。家や会社でよく飲む飲料としてはまだ上位に位置しているが、中国茶や健康茶など比較的新しいお茶類や日本茶にシェアを奪われていることが予想される。

最近はメニューに「コーヒー・紅茶・緑茶・中国茶」なんていう気の利いた店も多くなってきてる。

この前食べた店はプーアール茶を中国の茶器セットで持ってきて感動。

コーヒーは体に合わないので、今まで紅茶を飲むことが多かったけど

元々お茶好きなのでお茶が選べればお茶にする。

そういう人が多いのかと思ったら

実際に健康効果を期待してお茶を飲んでいる人は、全体の3分の2だった。

ということで、カテキンやらビタミンCに期待している人が多いのかな。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク