今月の敗因、カンブリア宮殿、依存体質

気に入ったらシェアしてね


最近お気に入りのルームシューズ
間抜けな顔がたまらない・・・

今月はオンシーズンだというのに完敗でした。
後半盛り返してますが、後の祭りとはこのこと。
日々の積み重ねの大切さを改めて感じています。
今回の敗因は
・取引先側でのトラブルが相次いだ
・売上予測とそれに伴う仕入れ予測、方針が間違っていた
・問題に対し、先手を打てなかった
先日、カンブリア宮殿を観ました。
雪国まいたけの大平社長の回です。
雪国まいたけの経営ポリシーのひとつに
「取引先1社の出荷数は、全生産の2割以下」というのがありました。
・生産の2割を占める出荷先があれば依存する。
・依存したら、それを見透かされて無理な値下げなどを要求される。
・取引先との対等にビジネスをするために必要
お話の内容としては、このような感じだったと思います。
このような考えも浮かびます。
・取引先に依存していたら、そこが潰れた時に共倒れになる。
今月の敗因を考える時、取引先側のトラブルの影響を
もろに受けたことが最も大きいです。
そして、そんな今月を助けてくれたのは別の取引先の商品が予測以上に延びたこと。
その取引先からこまめに商品を補充させていただいた事でした。
事情に左右されやすいこちら側にも問題がある。
仕入れ元に依存しているから、何かあった時に大きく負ける。
例えば恋愛でも、共に歩もうと思うなら依存してちゃ駄目ですね。
仕事でもおんなじだ。
次の課題が見えてきました。
  にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ  ビジネスブログ100選

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク