沖縄 4日目

琉装体験

ブーブーイヤイヤ

昨日から増えてきた「ブーブーイヤイヤ」は、チャイルドシートが合わない、という事を伝えたかったらしい。
家で使っているものはジュニアシートに変えられるタイプ。
座高が高くて背もたれが大人のシートに近い角度。

今回、レンタカーにつけてもらったチャイルドシートはベビーシートに近い感じのもの。
かなり低い姿勢になり風景が見えにくく、起き上がりたくても前すべりしてしまうようで、股に負担がかかったみたい。
よく見たら股が赤くなっていた、ごめんね。

とはいえ今更チャイルドシートを変えられないので、一回の走行距離を短くしてなんとかもたせるしかない。
この日はちょこちょこ休憩入れて移動することに。

シートといえば私が最初に座っていた後部座席も広すぎて体を定められず、私は毎日乗り物酔い・・・
「ブーブーイヤイヤ」に加えて「ママイヤイヤ」もあったので、今日のドライブはほとんど私が運転。

久々にオートマの運転、楽だ~
さらに、うちの車と違って小回りがきくから、片側1車線の道路で転回できちゃう。
駐車場も余裕。
でも、その分長距離は何となく疲れる気がする。
慣れてないだけだろうか。

ホテルのビーチ

ホテルのビーチ

この日、どうやらこの旅は朝食のレベルがだんだん下がるという事に気づく。
ホテル選択型のツアーを利用したんだけど、ホテルとして一番良かったのは標準価格の最初の所だった。
日を追って価格は上がるのに、朝食は下がる不思議。
立地なのかな・・・

朝はホテルのビーチへ。
チビッコができるビーチアクティビティって殆どなくて、唯一できるのが「グラスボート」。
ボートの底がガラスになっていて、水中観察ができるというもの。

グラスボート

右手前がグラスボート

シュノーケリングした時に、水深がそれほどでもなくてもイソギンチャクの真上から見ることができたらなって思ったんだよね。
子供用の水中観察セットも検討したけど、チビッコが使っている足入れつきの浮き輪は安全な分直立以外の姿勢が難しい。
身を乗り出して水中観察セットの上から真下を見るってハードル高くて却下。
ボートなら少なくとも安全だし、親が抱き上げて身を乗り出してもいいかなって。

考える事はみんな同じなのか、グラスボート参加者は全員チビッコ連れ(笑)
多少騒いでも大丈夫そうな雰囲気。

グラスボートでは30分間、近辺を巡って魚を見せてもらうんだけど、船長さんはプロ!
ピンポイントで魚のいる場所に移動し、見える魚を教えてくれるので、たくさんの魚を見ることができた。
水族館だと横からのアングルで魚を見る事になるけど、グラスボートは上から。
視界は少々狭いけど、シュノーケリングと同じ感じで海中を観察する事ができる。

グラスボート

グラスボートから見た水中

船長さんの巧みな舵さばきでイソギンチャクの直上にもぴたり。
チビッコはとうとうカクレクマノミを見ることができた。

ニモいたねーよかったね!
やっと心から喜ぶ事ができた。
チビッコ的ミッション、やっと1つ終了。

グラスボートの後は私が行きたかった琉装体験へ。

琉装体験

座喜味城跡

座喜味城跡

元々はチビッコだけ着せればいいか位に考えてたんだけど、基地フリマが残念な事になってしまったので皆で着る事にして夫(渋々ながら)も参加することに。

琉装体験

琉装体験

ホテルからそう遠くないところで、城跡散歩(座喜味城跡を散策して撮影できるよ!)もできて、凄く楽しかった。

ただ、まだまだ真夏の沖縄。
暑くて暑くて・・・

チビッコが消耗する前にと早々に退場(笑)
写真だけ撮って帰ってきた。

▼琉装体験はこちらを利用

琉装一番屋

琉装体験はあちこちにあるけど、ロケ可、子供衣装ありはなかなか見つかりませんでした。
ここの予約が取れて本当によかった。

沖縄のぜんざい

沖縄のぜんざい

着替えて近くのぜんざい屋さんで休憩。

沖縄のぜんざいは金時豆で、さらに夏は冷やし・・・カキ氷が乗っている。

沖縄のぜんざい

カキ氷の下に白玉と金時豆の甘煮が

私からするともうぜんざいじゃないじゃん!って感じなんだけど、これが沖縄のぜんざいだ。
沖縄で主要道路以外をドライブしていると、ぜんざいの看板はとても多い。

鶴亀堂ぜんざい

城郭のある公園の目の前にあるレトロ雑貨が並ぶぜんざい屋さん。

鶴亀堂ぜんざい

凄くいい雰囲気。

鶴亀堂ぜんざい (読谷村/カフェ)
★★★☆☆3.47 ■観光のお供にひんやり冷たいぜんざいで小休止 ■予算(昼):~¥999

タコス専門店メキシコ

遅めの昼食はタコスへ

U社長おすすめのタコス専門店メキシコ!

タコス専門店メキシコ

タコス専門店メキシコ

タコス専門店メキシコ

ここめっちゃおいしい!

皮がぱりぱりのタコスで、小さめだから一人ひとつ以上食べられてしまう!

タコス専門店メキシコ

ちょっとつぶす感じで食べると食べやすい

メキシコ (宜野湾市/メキシコ料理)
★★★☆☆3.58 ■予算(夜):~¥999

その後はホテルに帰って、私は仕事・・・という名の、のんびり一人時間。
チビッコと夫はホテルのプールへ。

ゆったりした時間を楽しんで、夕食もホテル内にして明日の移動に備えのんびり過ごしました。

問題発生

タコスを待っている間にチビッコと私がとうとう衝突。
「ママイヤイヤ」が酷くて私もイライラ。

何がそんなに嫌なの!と思っていましたが、その後子供が「あんぱん」と…

あんぱん=アンパンマン。
そういえば、旅行中はテレビ全然見てなかった。

親にとっては楽しい非日常=旅ですが、幼児にとってはまだまだ日常だって冒険。
非日常なんて楽しいものではないのかもしれない。

親にとって「子供に経験させたい」が
子供にとって「今やりたい」「楽しい」とは限らない。

今日を振り返っても、チビッコの笑顔をあまり見てなかった気がする…

親として反省。

コメント

タイトルとURLをコピーしました