不振の船木、代表を外される

全日本スキー連盟は26日、ノルディック世界選手権(2月17~27日・オーベルストドルフ=ドイツ)のジャンプ代表として19歳の伊東大貴や前回メダリストの葛西紀明ら5人を発表した。5大会連続代表の船木和喜(フィット)は不振で外れた。規定通り23日までのW杯総合ランク上位を選んだ。出場枠は6人で船木は6番目のランクだが、今季はW杯で予選落ちが多いため調整させる。

 代表選手は次の通り。伊東大貴、葛西紀明(ともに土屋ホーム)宮平秀治(ミズノ)東輝(日本空調)岡部孝信(雪印)

長野でも活躍したアホネンは、世界チャンピオンになろうかっていう勢い。

ヘルマン・マイヤーも毎年引退と言われながらまだ第一線だし、ウインタースポーツは息が長い選手が多い。

船木、原田にはまだまだ頑張ってもらいたいなー。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク