東京→萩→出雲→松江→鳥取

気に入ったらシェアしてね

市内にある温泉旅館を出て、大山方面に移動。
山陰は温泉地が本当に多く、ターミナル駅から歩ける所に温泉旅館があることもしばしば。
慣れたチェーン系のビジネスホテルも気軽でいいけど、
地域に密着した旅館も楽しいです。
今回の旅はピークを外しているので、概ね当日予約→宿泊の繰り返し。
携帯で当日に宿を探すと、ちょっと割引で泊まれたりします。
大山の手前で美術館へ。

植田正治写真美術館、来てみたかったんです。
誰でも上手に写真が撮れる、あの場所でちゃっかり撮影。

自分も趣味で写真を撮ってますが、植田氏の写真は絵のようで。
とても素敵でした。
収蔵点数が多く、常にテーマ展示しているので
近くにあれば定期的に通いたい場所です。

美術館を出た後は大山へドライブ
大山から蒜山高原へ。
これも念願の蒜山焼きそば。

昨年のB-1で初めて食べて、現地でも食べてみたい!って思ってたんです。
B級グルメはキャラがたってるのがポイントですね。
味噌味、大蒜、地元産キャベツ。
麺も太めで全国的に市販されているものとは違います。
地域で一番人気の悠悠さん。一味をかけて食べるとさらにおいしい。
蒜山からは再び海沿いへ。

ハワイ。

鳥取といえば二十世紀梨!
因幡の白兎で有名な海岸を通って鳥取到着。
ハワイで買ったいちじくを食べてみました。

生のいちじくを食べるの初めて!

なんと、手で割けます。
皮をむいてかぶりつく。
少しバニラのような香りがして、甘い。
種(?)がプチプチです。
夕食は地元の回転寿司へ。
会席料理屋さん系列ということで、ネタはいいものが揃ってました。

鳥取名産の白いか、うになど・・・
明日は砂丘へ行きます。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク