それでもボクはやってない

南大沢トーホーシネマでそれボク。

今じゃITだのwebだのECだのという職業に就いているワタシだが、学生時代は法律らしきものを学んでいた。

なので、暗いんだろうなーくどくど法廷映すんだろうなーと思っていたので楽しめた。

自分的には結末が意外で驚く。

日本は否認事件がほとんどないことを背景に、有罪率が99.9%なのだそうだ。

被告人が認めているから罪になる裁判だけを繰り返してきたがゆえに、

否認事件自体になれていない日本の裁判。

確かに問題はあるのかもしれないけれど、犯した罪を認めない人が多い国が優れているわけではないので制度の問題点を見直すべきなのだろう。

次回は笑いの取れるものを、と周防監督はおっしゃっているようだがそれボクのような作品も忘れず作ってほしい。

それでもボクはやってない

痴漢冤罪を描いた映画で、もし自分が冤罪を着せられたと考える社会派映画。痴漢冤罪に立ち向かう被告役の俳優の演技にも注目。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク