7/23POP STAR(高田馬場 CLUB PHASE) レポ

開始前、スクリーンの幕のなかで準備しているメンバー。

泰造さんがテストで出した音は。。Get Wild。LIQUIDでも弾いてたよね。

一列目のはじっこにいた人が「のぞけるよ」って言ってちょこっと見せてもらった。

ベースのネックが見えて、後ろ姿が見えた。

幕が開く。さっきいたメンバーは誰もいない。

ゆっくりとメンバーが入ってきて、静かに曲が始まる。。なんと「様々サマー」

亮三さんが歌いだすと同時に会場内はcuneワールドに染まる。

曲に合わせて公登さんの口が動いている、のっけから耕治さんの動きが激しい。

今日は気合は入ってるな、と一瞬でわかった。

続けてカノン。

このイントロを聞くとうれしくなって、うれしくてうれしくて跳ねてしまう。

「手をつなごう」で手を上げるはずが、忘れるくらいうれしくて。

cuneが好きなんだなあ、と思った。

カノンからMCへ「こんばんは~cuneでーす」と定番の挨拶から始まって。。亮三さんの様子が変?

いつも変といえば変なのだが、それにしても変。

最前のお客さんの「頭」を覗き込み(匂い嗅いでる!?)「つむじが気になる」って意味不明。

ファンじゃなかったらドン引きだろうなぁ。。

    • 07/25追記

つむじが気に入られた女の子はcuneTシャツ着てたよ!!(けろり妹談)

一生の思い出かもしれない。。

最初はジェッター3のアツシさんのまね?から始まって田村正和へ。

メンバーが曲に入ろうとする所を制止するようにネタ(?)を続け、

ここからどんな曲に。。。とおもったら「ほほえみ」

「ほほえみ」後は暴れパート、流浪雲~Dramatic Exotic Automatic。

呼びかけもしっかりやって盛り上げる。

限られた時間の中で手短にメンバー紹介、

毎回楽しみの泰造さんのメンバー紹介ソロ聞けず。。

亮三さんは「飲み屋でおねぇちゃんと3回話すともう好きになってしまう」そうだ。

そして、バンド名は「TM NETWORK」です!!??(何回も言ってた)

c u n e は T M ブ ー ム で す か ?

続けてサムライドライブ。

スピーカーに足を掛け、いつものポーズで歌い始める亮三さん。

全方向かっこいい耕治さん、楽しそうな泰造さん、歌いながら叩く公登さん。

余計な力が入ってなくて、今年見た中で一番ハイテンションなメンバー。

これがワンマンだったら。。と思う。

終わりが来るのは早い。締めはホライズン。

イントロで亮三さんが両手を広げると翼が見えた。

ホライゾンは本当にいい曲、ライブの終わりにふさわしい曲。

「今、この瞬間」をスタート地点に変える力を持った曲だ。

限られた時間を思いっきり燃焼して、今日のcuneは終わった。

■cune

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク