東京→萩→出雲

気に入ったらシェアしてね

旅の二日目は萩の和カフェからスタート。
お店では全て萩焼きの器を使っていて販売もしています。
萩焼き独特の淡い色、素敵ですよね〜
萩の町を散策。
徒歩で回ったけどレンタサイクルが充実してるので、そっちの方がよかったかも…
焼き物市をやっていたので、湯呑みを購入。
萩を出て西へ。
海沿いを走って
仙崎でみすゞ通りをチラ見して青海島へ。
このあたりは海の透明度が半端ない感じです。
魚も、小石も、ゴミも見える…

青海島はくじら漁がさかんだった地域。
マンホールがくじらだったり、くじらが買えたりしました。
確か新宿にあったくじら料理の店は山口のお店だったような。
青海島からくじらを運んでいたのかな。
青海から仙崎へ戻ってお昼ご飯。

私はあじ丼。
あじがたっぷり過ぎてびびる。

夫はあら煮を食べていた。
食事の後は移動。出雲へ。

途中、名物赤天でおやつ。
じわじわ辛いです。
日本海の夕日を楽しみにしてたんだけど、
この日は微妙な曇り空で夕焼けも夕日も見えず…
島々を眺めながらのドライブになりました。
出雲についたら夜。
ネットで調べた、怪しげな餃子屋さんへ…

店構えも怪しげ。看板なし。
勇気を出して入ってみたら、気さくなお姉さんが切り盛りする、アットホームなお店でした。

醤油なしで食べられる焼き餃子がメイン。

水餃子

焼き飯
全体的に甘めの味付けですが、ひとつひとつ丁寧に作ってあります。
常連さん中心のお店で、自然となごんでしまいます。
近所にあったら通うかも。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク