京橋かき氷コレクション行ってきた

京橋かき氷コレクション行ってきた

京橋かき氷コレクション行ってきた。
参加したのは昼間に開催された親子の部。

未就学の親子向けのため、カオスになるかと思いきやきっちり席も用意されていて快適に楽しめた。

食べたのは
ウェルカムかき氷 明治屋いちごシロップがけ
自分史上最高かき氷(レインボー)←子供作、子供命名
クラフトカフェ マンゴー白くま
クラフトカフェ クリーム浦和いちごみるく(追加料金)
自分史上最高かき氷(噴火口)←子供作、私命名

結構食べてた…

自分史上最高かき氷(レインボー)

自分史上最高かき氷(レインボー)

クラフトカフェ マンゴー白くま & クラフトカフェ クリーム浦和いちごみるく

クラフトカフェ マンゴー白くま
クラフトカフェ クリーム浦和いちごみるく

かき氷といえば、ここ数年「エスプーマ」というのがキーワードで、液体をムース状に加工する調理法の事で、かき氷界隈ではソースの一部または全部をエスプーマにしてトッピングするのが流行っている。
氷より温度が高いのでかき氷にかけると食べやすくなるし、口当たりが良くなる。
さらにムースなので見た目もツヤがありフォトジェニック。

さらに、今年あたりは「3Dかき氷」も急上昇しているとのこと
これは白くまに代表される、トッピングでフォトジェニックを狙ったものや、そもそもの氷の形状を工夫して見た目のインパクトを狙ったメニューの事。

少し前にカフェラテも3Dやってたし、なべ料理も大根おろしで3Dを見た気がする。
今は見た目のインパクトでフォトジェニックから話題作りが流行っている。

少し前に世界の主要SNSのシェア率を見たけど、日本は他国よりInstagram比率が高かった。
そもそも日本人は写真好きで「映え」重視なのに加え、海外の人が日本の情報を探す際、日本語が不得手な分画像情報に頼りがちなのもあるかもしれない。

まだまだフォトジェニックブームは続くんだなと感じる。

うちの子供もこのイベントに来場する数日前にイベント概要を見せたところ、真っ先にスワンのかき氷器(↓)を見つけて「かわいいからこれをつかうね」などと決めていた。
かわいいは文字もおぼつかない子供にもわかる記号だ。

宣言通りスワンを使用

宣言通りスワンを使用

トッピングもたっぷり。さすがメーカー主催。

さすがメーカー主催、トッピングもたっぷり。

今回は家庭用定番かき氷シロップを製造販売する明治屋と、各地でかき氷コレクションを開催し、近年のかき氷ブームの立役者である日本かき氷協会のコラボという事で手作り感覚のかき氷から有名店の人気メニューから網羅出来た感じで、かなりお得感のあるイベントだった。

かき氷は有名店で食べると本当に美味しいけど、子連れだと列に並ぶのも一人前をちゃんと食べるのも難しい。
そもそもかき氷店は人気でも小規模の店が多く風情はあるけど子供が食べるには不便な机椅子であることも多いから行くのをためらってしまうのだ。
生きたい行けない、そういう時期の私に有名店の味を手軽に参加して味わえるフェス形式の「かき氷コレクション」は有難い存在。

かき氷コレクションは「かき氷コレクション in 佐原 2019」を6 月15日(土)16日(日)に千葉県香取市佐原で開催予定です。
また、テレ朝夏祭りの「かき氷コレクション」が毎年恒例で行われているので多分今年もあると思います。

テレ朝のイベントは何だかんだで毎年私も参加しているけど、長期間10店くらいの人気店が出店するし、入場料なしで参加できるので何度も行けて便利なイベント。
おいしいかき氷に興味はあるけど並ぶほどではないとか、子連れだから行くのをためらっている人は是非テレ朝のイベントに参加してみて欲しい。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク