元祖油そばの珍々亭がカップ焼そば出してたよ

気に入ったらシェアしてね

珍々亭の油そばといえば私にとって双璧のひとつと言うべき学生時代のソウルフード。
(ちなみにもう一方は吉祥寺いせやのシュウマイね)

元から行列が出来る有名店ではあったけど、10数年前に油そばブームがきて話題になり最近2次ブーム?でまた話題になっている感じ。
当のお店はというと、今も昔もいい意味で変わらない雰囲気で営業してる。
変わらない事は古いファンとしてはうれしいもので、近くに行ったら珍々亭行こうかな、あの辺変わってないかなって思うきっかけにもなってる。

で、2次ブームのおかげか珍々亭はマルちゃんから生めんやカップ麺を展開。
今回はカップ焼そばをゲット。

カップ焼そばバージョン

カップ焼そばバージョン

まず驚いたのが「熱湯5分」の表示。
カップ焼そば系で5分って異例!パッケージを開けてみたら納得の麺の太さ。
確かにこの麺だと5分はかかるよね。

作り方はスタンダード。
具材開けてお湯入れて5分経ったらお湯捨ててタレをからめて完成。

タレは油そばの油とタレの他、本来であれば自らかけて調味するアイテムである醤油とラー油と酢もあらかじめ入っているみたい。
これだけ買えば食べられる状態まできてます。
具材にナルトが入ってるのが珍々亭っぽくてうれしい。

ナルトが1枚入ってるのが珍々亭感高めてるね

ナルトが1枚入ってるのが珍々亭感高めてるね

麺は太いだけでなくかなりしっかりしていて食べ応えあり。
味はかなり珍々亭を再現していると思う、強いて言うならお店で食べた時じゃなく出前で食べた時に近い。
私的には酢とラー油が少なく感じたので、勝手に足しちゃった。

あーあぶら食べたいーと思った時、これを食べて「違った」とは思わないで済む、それ位のクオリティはちゃんとある。
少なくとも全然違うラーメン屋さんの油そば食べるより、こっちの方が珍々亭に近いと感じられるよ。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*