レモン、食べ終わったらどうしてます?

気に入ったらシェアしてね

えっ、すぐに捨てる? 何てもったいない!!
レモンなどの柑橘類は、お掃除に大活躍するんですよ。
油性インキの落書き、お茶碗、急須、洗面器の汚れなどなど、
レモンの皮でこすればピカピカになるそうです。
どれも落としにくい汚ればかり、試す価値ありですよ!

↓ ↓ ↓

レモンやみかんなど酸を含んでいる柑橘類は、
汚れを落とす高い能力を持っているんですね。

みかんはあんまり季節じゃない気もするので、
以下、レモンで解説することにします

子供の落書き、お子さんにとっては家の中はみんなキャンバスだから(笑)、
テーブル、タンス、壁、床……、油断するとあらゆるところに書き込みが。
しかたないとはいえ、落ちないと困りますよね。

そこでおもむろにレモンさん登場(笑)。

皮を絞りつつ、インキの上からこすると、あ~ら不思議。
容易に落書きが落とせます。
あんまり簡単だから、わざとお子さんにペンを持たせて落書きを推奨したいくらいです(笑)。

さー、続きましてはお茶碗、そして急須。
これもいったん茶しぶだ何だと汚れが付いてしまうと落とすのはかなり大変。
漂白剤に浸けておいても、存外きれいにならなかったり。

やはりおもむろにレモンさん登場(笑)。

レモンの皮の内側に少し塩を付けて、汚れた部分を磨いてください。
あっという間にきれいになるそうです。

そして、くもってしまったガラス食器
これまたレモンの皮をこすりつけて磨けば、光沢がよみがえります。

さー、食器類などの小物ばかりじゃありませんよ。シンク(流し台)もOK
どうしたってシンクに水垢は付きもの。

またもおもむろにレモンさん登場(笑)。

水垢で汚れた部分にこすりつけてください。
きれいになります。

そしてもはやレモンさんの活躍の場は、キッチン周りに留まりません(笑)。

洗面器!!
頑固な汚れも、レモンの切れ端でこするだけ。
ピカピカになります。

また、畳や床のつや出しにも。
これはこするだけというわけにいかず(笑)、若干手順が必要です。

1.レモンの皮を幾つか鍋に入れ、ひたひたになるくらい水を加える。
2.15分ほど煮る。
3.煮汁をざるでこす。
4.煮汁を加えたお湯で、雑巾を濡らして絞る。
5.畳や床を拭く。

いやー、レモンさん万能ですね。
もちろん、みかんさんや他の柑橘類もOKなので、ちょいと試してみてください。

あ、でもレモンを絞るために揚げ物ばっかりのメニューになったらいけませんよ(笑)。

<文責・秋田大介>

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*