パソコンで「々」と入力したい……、でもこれ何と読む字なの?

気に入ったらシェアしてね

人々、我々、久々、佐々木など、おなじみの「々」。
この「々」だけ表示させたいとき、みなさんどうしますか。
一度「人々」と打って「人」を消すとか? うーん、何か面倒かも。
でも読み方がわかりませんからねー、困りました。
実は「々」は漢字ではなく記号なので“読み”はないんです(笑)。

↓  ↓  ↓

さて、簡単にパソコンで「々」を表示させる方法については、
後にとっておいて(笑)、まずは能書きからお付き合いください。

「々」ってそもそも何なんでしょう(笑)?

「々」は、上の漢字を繰り返すという意味の“記号”。

記号なので残念ながら正しい読みというのはありません。
こういう記号を「おどり字」と言うそうです。

「々」は「同の字点」や「ノマ点」とも言われます。
カタカナの「ノ」と「マ」をつなげたような形だから「ノマ点」というわけです。
が、これは俗称。

「神」を「ネ申」と書くようなもんです(ちょっと違うか)。

単に「繰り返し記号」とも。

ただし、「々」が繰り返すのは漢字のみ。
「人々」や「時々」はありだけど、「マ々」「パ々」はなし。
まあ、見たことないですよね。

ひらがなを繰り返すのは、別の記号があります。
「いすゞ」の「ゞ」なんかがそうですね。
この場合読みが「ず」なので濁点が付いてますが。
記号なのに濁点付けられるとか、なかなか自由です(笑)。

カタカナは「ヽ」、濁点が付いたら「ヾ」。

あと、表やメモなんかでよく使う「〃」。
これも「おどり字」です。
「ノノ点」と呼ばれてます。
これはダブルクォート「”」の変形という噂です(笑)。

では、お待たせしました。

いよいよ「々」の表示方法!!

入力するときに「どう」「おなじ」と打ってみてください。

それで変換すればすぐに見つかるはずです。

また、「きごう」と打っても出てきます。

でも「きごう」で変換される字は膨大なので、

だったら「人々」と打って「人」を消したほうが早いかも(笑)。

だからオススメしません。

でも「々」が記号ってことは、佐々木さんとか奈々子さんとかは、
名前の真ん中に記号が入っているんですよね。

それで戸籍とかにも載ってるわけだから、

つのだ☆ひろもびっくりですね

ではでは。

<文責・秋田大介>

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*