カーリングの石は高級品!?

気に入ったらシェアしてね

カーリングで使われるストーンは、何と1個10万円もします(!!)。
というのは、原材料としてスコットランドにある無人島アルサク
レッグ島産のものしか使わないという規則がある上に、20年に一
度しか採取されないから。
ちなみに次回の採取は2022年 (笑)。

↓  ↓  ↓

カーリングといえば「氷上のチェス」とも呼ばれる
戦略性豊かな競技ですよね。

この競技に使われる石は、上記のとおり1個10万円!!

スコットランドのアルサクレッグ島特産の花崗岩(かこうがん)のみが公認です。
なぜそんなことになったかというと。
ここで採れる石は高密度で強度と滑りやすさに優れているから。
氷の上でぶつける衝撃に耐えられなきゃいけませんからねー。

何と100年以上使用できると言われてます。

昔は鉄製のものもあったらしいんですが。

20年に一度しか採取がされない上に、採取された石はすべて手作業で削られるそうです。
そりゃ高価にもなりますよね。

カーリングではこの石を1チームが8個を使用。
競技を行うには、2チーム分で16個必要となります。

となると1セット160万円。。。雫

もちろん公式競技用以外の安価なものもあるんでしょうけど。
大会に出場しようと思ったら、なかなか大変そうです。

しかし日本のカーリング人口は約2万人いるそうです。
最も盛んなカナダでは250万人いるそうですが……びっくり

が、がんばれ日本!!

<文責・秋田大介>

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*