「チャック」は日本語です

皆さんはズボンの前を閉じる金具、何と呼んでいますか?
ファスナー? ジッパー? チャック?
まあ、どれが正しいとかはないんですが、ひとつだけ。
チャックは“巾着(きんちゃく)”をもじった言葉で、日本語です。
海外では通じないのでご注意あれ(笑)。

↓  ↓  ↓

ちなみに「ファスナー」は「スライドファスナー」の略で、英語の一般名詞です。
1891年、アメリカ人のホイットコム・ジャドソンさんが考案したらしい。

その後、グッドリッチ社が作ったものが「ジッパー」と名付けられ普及。
なるほど、商品名だったわけですね。
ホッチキスやマジックと同じ展開ですな。

さて、問題の「チャック」ですが、実はこちらも商品名。
戦前にファスナーを製造した日本開閉機会社が、「チャック印」という商標をとったのが始まり。
“巾着(きんちゃく)”をもじったってのが、何だかよいです(笑)。

でも近ごろでは、「チャック」って少し古い表現かもしれませんねー。
何せズボンも「パンツ」って呼ばれる時代ですから。
じゃあ、パンツは何と呼べばいいんだ(笑)?

閑話休題。

ちなみに「ファスナー」は英語なので、もちろん他の国では違う名称です。

○フランス語 → フェルメチュール・ア・グリシエール
○ドイツ語 → ライスフェアシュルース
○イタリア語 → キウズーレ・ランポ
○中国語 → ラーリェン(拉鏈)
○スペイン語 → シェレス・レランパゴス

何だか、舌を噛みそうな名前ばかりです……。
日本語の「チャック」が一番すっきりしてますね(笑)。

<文責・秋田大介>

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク