日本政策金融公庫・審査時必要資料

気に入ったらシェアしてね

-確定申告書および決算書(前2期分程度)
-試算表
-法人税・事業税・消費税の領収書(今期分)
-源泉所得税の領収書(今期分)
-預金通帳 会社・代表両方 メインバンクのみでよい、6ヶ月分程度
-借入金がある場合は支払明細票等 会社・代表両方 住宅ローン等を含む
-固定資産税明細書および固定資産税の領収書 会社・代表両方
-不動産の賃貸借契約書および地代・家賃の領収書 店舗・事務所・自宅(会社占有箇所がある場合)すべて
-小切手・手形帳の控
-総勘定元帳
-営業許可証、許可証、業務に必要な免許(開業時のみと思われる)
-見積書、工事請負書等
-会社代表の身分を証明する書類

主に必要とされる書類は上記の通りだが、資金の用途、開業時かどうか、借入金額等で必要書類の内容には変化がある。
設備資金で融資を受ける場合は、根拠となる見積書が必須。

確定申告書および決算書と試算表以外は面談時に指示された資料を持っていけばよい。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA