もっと自信をもっていい

気に入ったらシェアしてね

最近Webで目にしたコラムで、部下が実力を出せない、思うとおりに仕事をしないのは
上司が自分の指導に自信がないからだというのを目にして「へー」と思ったんですけど
そういう視点で考えてみると、案外納得する事があったり。
例えば、顧客対応が上手くできない人がいたとして
その人が落ち着いてお客様とコミュニケーションをとるためには
まず自分が薦める商品とサービスをよく知って、自身を持ってないと絶対にお客様は納得しない。
最近よく海外からのリクエストで、
うちで取り扱っている日本製の商品を海外で販売したいという話がある。
資源国は好景気の所もあるらしく、富裕層が日本製に興味津々という説明なんだけど、
日本ブランドが欲しいんじゃなくて、メイドインジャパンが欲しいということなんですね。
ふと気づけは私達の周りは、日本ブランド・メイドインチャイナなんかが殆どで、自分達ですらメイドインジャパンをなかなか持ってないんだけど、未だに海外ではメイドインジャパンへのこだわりを持っている人がいる訳です。
自動車産業などは、海外進出する際にまずその土地に工場を作り、雇用をつくってから車を販売すると聞いたことがある。
そういうやり方もあるけど、徹底的に日本で作って海外で売るという方法も十分戦略としてはあると思うのです。
新し物好きで繊細で完璧を求める日本人だから、
そんな日本を肯定的にとらえて、とんがっていけたらいいんじゃないかなあと思います。
とりとめなく、今日はそんな事を思っていたのでした。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク