フジテレビ、F1放送権契約で難航

気に入ったらシェアしてね

フジテレビが、2010年からのF1放送権契約をいまだ締結できていないことが明らかになった。

フジテレビは、今年でFOMと結んだ3年間のF1放送権契約が満了するが、来年度の契約更新について、いまだ最終合意に至っていない。

通常ならば契約が切れる1年以上前に更新交渉を終えているが、昨年9月のリーマンショックの影響で、今年3月になってようやく交渉が始まったという。

関係者によると、現在11月中の契約締結を目指し、最終調整に入っているという。

F1の放映権は無料商業放送(地上波放送)を行うことが前提となっており、有料チャンネル(フジテレビNEXT)のみの放送は認められない。

現状では他の放送局はF1中継に名乗りを上げておらず、契約がまとまらない場合は国内放送がなくなる可能性もある。

昨年のホンダ撤退に続き、4日にはトヨタがF1撤退を発表。また、ブリヂストンも2010年限りでF1から撤退することを決定しており、現在、日本のモータースポーツ人気は苦境に立たされている。

予想されていた事だけど、フジも・・・

前回、ホンダが撤退したとき(1992年)も放送継続したフジだけに

今回も頑張ってくれると信じたいけど、

この放送不況の中では厳しいかもしれない。

今のF1は地上はをビギナー&スポンサー向けのお祭り騒ぎ放送、

CSを上級者向けの放送と分けて放映している。

CSのフジテレビNEXTはF1(と有野課長)専用チャンネル状態なので、

F1放映&冠スポンサー(フジは日本GPの冠スポンサー)から降りるとなると

フジテレビNEXTというチャンネル自体の存在意義も?となる。

影響範囲が大きく、根が深いのでどうなることか全く想像がつかない。

フィギュアスケートのNHK杯のように、

景気不景気や日本人の活躍などに関わらず1つのスポーツを育てる意義をもって

F1への支援を継続してくれる事を祈るしかない。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*