2010年はレース中給油とタイヤウオーマーが禁止

気に入ったらシェアしてね

FIAの機関である世界モータースポーツ評議会(WMSC)は4月30日(木)、2010年F1世界選手権から導入される新しいレギュレーションについていくつか発表した。特に注目を集めそうなのが、4,000万ポンド(約59億円)を上限とするバジェットキャップ(年間予算制限)だ。

しかし、FIAはレース中の再給油とタイヤウオーマー(タイヤブランケット)の使用も禁止することを明らかにしている。

WMSCの声明には「レース中の再給油は、給油装置の輸送に伴うコストを抑えるために禁止する。さらにエンジンメーカーに対し、経済性を高めることも目的の1つだ」と記された。

さらに「タイヤブランケットも禁止となるが、その他のタイヤを保温するデバイスは維持される」とも付け加えられている。

http://jp.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/090430194753.shtml

給油は勝敗を決める大きな見所の1つなんだけど、事故も多い。

去年のマッサの件なんて、ポールから優勝圏内走行中があっという間にポイント圏外に。

しかも、あの時ポイント獲れていればワールドチャンピオンだったかもしれないねというターニングポイントになってしまった。

思い返すと、そもそもレース中の給油ってエキサイティングなレースをするために始まったシステムだったような記憶があるから、レースの面白さより今はコストの方が大事なのかもしれない。

F1は巨大な広告ビジネスだからねえ。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*