判決

気に入ったらシェアしてね

求刑2年6ヵ月→ 懲役2年

同じ売人から買ってたり、悪質とも取れる常習性なんだけど思ったより刑期が短かった。

岡村靖幸は芸能人だから報道されたけど、本当は履いて捨てるほどよくある判決なんだろうか。。。

公判の様子を阿曾山さんが傍聴記にしてた。

■阿曽山大噴火コラム「裁判Showに行こう」

法廷で詩を朗読したアーチスト岡村靖幸

ミュージシャンに限らず、人前で何かを表現する人たちって、そんなにファンのことを常に考えてなきゃいけないのかね。ファンのために何かしなきゃいけないのかね。しかも、身を削ってまで。

自身が芸能人である阿曽山がこう書くくらいだから「ファンが」「ファンの」って言葉が目立ったんだろう。

じゃあ岡村靖幸が本当にファンのこと考えてるかっていうとそんなこともなさそうなんだけど・・・というか、ファン=大衆的な感じになってしまっていて、大衆に対して恐怖心や劣等感を抱いてるって感じじゃないかなと。

あの後半が「どんなことして欲しいの僕に」的な詩を読みながら感じたのは、そういう劣等感を感じさせる視点と、ポジティブな表現がないという部分。

以前、復活のRIJFで勝ち組負け組の話をした時のように「でも大事なのはどんな話をするかじゃないか」と言ったファンを喜ばせる言葉はなくて、ひたすらネガティブ。

ファンとしては、今までの詩もネガティブなのは本心でポジティブな部分は創作なのかと思うとちょっと悲しいけど、それで詩が書けないのならプロじゃないからしょうがないかと思ったり。

この詩は法廷で読まれたのでたぶんかなり冷ややかに受け止められたのだろう。法廷はステージじゃないんだよ、岡村ちゃん。

■動画

覚せい剤取締法違反 ミュージシャン・岡村靖幸被告に懲役2年の実刑判決 東京地裁

岡村被告、覚せい剤で懲役2年の実刑

■その他

覚せい剤所持の岡村靖幸被告、懲役2年判決「反省ない」

裁判官「もうこれっきりに」 岡村靖幸被告、覚醒剤で3度目の有罪

2008/05/08-12:06 岡村靖幸被告に実刑=覚せい剤、「これっきりに」-東京地裁

岡村靖幸に実刑判決、覚せい剤取締法違反で懲役2年

歌手の岡村被告、覚せい剤で実刑・東京地裁判決

岡村靖幸被告に実刑、懲役2年

覚せい剤所持の岡村靖幸被告、懲役2年判決「反省ない」

岡村靖幸被告に懲役2年 自宅で覚せい剤使用

岡村靖幸被告に裁判官「もうこれっきりに」

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA