<高校生意欲調査>「出世意欲」、日本は断トツ最下位

気に入ったらシェアしてね

日本の高校生は米中韓の高校生よりも「出世意欲」が低いことが、財団法人「日本青少年研究所」(千石保理事長)の「高校生の意欲に関する調査―日米中韓の比較」で分かった。「将来就きたい職業」では、公務員を選んだ高校生が日本では99年調査より約22ポイントも減少するなど、米中韓に比べ、明確な目標を持てない日本の高校生の実情が浮かんだ。

「偉くなりたいか」

  「強くそう思う」

    中国 34.4%

    韓国 22.9%

    米国 22.3%

    日本 8.0%

「卒業後の進路」

  「国内の一流大学に進学したい」

    他の3国が37.8~24.7%

    日本 20.4%

また、将来就きたい職業(複数回答)では、日本は99年調査よりも弁護士や裁判官、大学教授、研究者の割合が低下。特に、公務員は前回の31・7%から大幅減となる9.2%だった。逆に「分からない」を選んだ生徒が6.2ポイント増の9.9%になった。

出世がいいとも出生がえらいとは思わないけどさ、普通に学校でて社会に出て仕事した結果としての出世っていうのもあるわけでそういう目標としても出世は存在しないってことか。。。と思ったら目標そのものがないらしい。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA