「趣味は何ですか?」

気に入ったらシェアしてね

「趣味は何ですか?」

人生のうちでも問われることの多い質問だと思う。

名前や年齢と同等の扱いとは行かないまでも、準レギュラー級の扱い。

重要度が高いくせに自分の好みで答えられるという、なんともいい加減なシロモノでもある。

例えば、この問いに対して「部屋の掃除が趣味です」と答えたとする。

彼は趣味として掃除を楽しんでいる、しかし「毎日楽しんでいる」とは限らない。

週に一回かもしれないし、年に1回かもしれない。

掃除嫌いのワタシの方がよっぽど掃除しているかもしれないが、彼にとって趣味であることは否定できない。

「趣味は何ですか?」

この質問はオンオフ、ビジネスプライベート問わず聞かれるのも大きな特徴だ。

合コンで「趣味はー?」と聞かれるときもあれば、

仕事の雑談ネタに困った時に「けろりさん趣味とかあるのん?」と主にオジサンに聞かれたりする。

ワタシは「趣味が多いね」と他人から評されることが多い。

でも、趣味は何かと聞かれるとき、いつも引っかかる。

なんて言っていいのかわからない

いい加減なシロモノであるが故、自ら正解を導き出さなくてはならず、

導き出しきれてない居心地の悪さを感じるからだ。

ていうか、趣味っていったいなんなんだい?

そう思って調べてみた。

■しゅみ 1 【趣味】

(1)専門としてではなく、楽しみにすること。余技。ホビー。

「―は読書と音楽鑑賞です」

専門としてではなく、の「専門」は以下のとおり。

■せんもん 0 【専門】

(1)一つの方面をもっぱら研究したり、それに従事したりすること。また、その学問や職業。

「古代史を―に研究する」「―書」

本職以外で楽しみで行うことが趣味だ、ということになる。

ここでいう本職は

■ほんしょく 【本職】

0 (名)

(1)その人が生計を立てている主たる職業。本業。

「歌人として有名だが―は医者だ」

(2)それを専門にしている人。くろうと。プロ。

「いくらうまいといっても―にはかなわない」「―はだしの腕前」

(1)と(2)、どっちだ?

ここで、ワタシが引っかかっていたものの正体に気づいた。

本職を(1)のみとするなら、いわゆる「仕事」以外で好んで行う好意は趣味と呼べるが

(2)まで含めた場合、そうは言い切れない。

第一、生計を立てる行為と働く行為は完全一致ではない。

ボランティアがいい例で、たとえ無給だったとしても働くとみなされる。

ここに居心地の悪さの原因があるのではないか。

そう考えて「趣味」と呼ばれていた行為を振り返ってみる。

(例)「サポーターは趣味か」

(1)で考えると当然趣味であるが

もう10年も団体に所属し、毎試合出欠を届け出て、

試合に行く時は「開場2時間前集合」が見についている

ワタシにとっては正直専門の範疇といっていい。

サポーターとサッカー写真撮影の両立ができず、

それでも写真をあきらめきれないワタシの場合「サッカー写真撮影」は趣味かもしれない。

(しかし写真自体は仕事に活かしているので微妙だ。。)

こう考えていくと、けっこう趣味は少ない。

夢中になりやすい性格のせいか、すぐに深入りしてしまうからだろう。。。

本業ではなく、専門性がなく、楽しんでいる行為

自分の行動を振り返って2つ思いついたが、そのうち1つを採用することにした。

人よりちょっと少ないが、

行為自体を楽しんでおり、

特に専門性もなく、

何もうみださない物。

「趣味は何ですか?」

「ねること」で決定。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*