小笠原ウェストハム初練習、意思疎通不安

気に入ったらシェアしてね

指示通りにできないことで、試合中に数回腕立て伏せを命じられていた。技術的な高さは随所に見せたものの、意思疎通の面で不安の残る初日となった。それでも、パーデュー監督は「異なる文化の中に来たことを考えれば、初日からよく順応したと思う。2日ぐらいは様子を見なければ」と、擁護するように話していた。現時点ではトライアルの域を出ないだけに、難しい中でも積極的なアピールが必要になる。

日本語の意思疎通も上手にできない人なので、とても心配です。

彼自身を変えるきっかけになるの。。かな?

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA