ネゴシエーション

気に入ったらシェアしてね

YESには説明はいらないのですが、NOには説明責任が発生します。「もらうよ」には何故もらうかの説明はいらないのですが、「いらない」にはその説明がいります。この理由を言わせることで相手も問題意識がわかります。交渉の糸口がつかめるのです。「お客様の堅い口を開かせる」って言います。

参考になりそうなのでメモ。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*