ソーシャルネットのビジネスモデルが見えてきた?――「mixi」の今

広告主からの評判はいい。

mixiのバナー経由でFind Job !のユーザー登録をした人数は、大手ポータルに広告を打ったときとほぼ同数。

別のある広告は、ユニークユーザーの10%もがクリックしたという。

基本機能は無料で提供する方針は今後も変えないが、一部ユーザーからの要望が高い、サーバ負荷の重い機能に関しては、有料で提供することも考えている。

加えて、mixi内限定のECサイトを作るなど、収益アップに向けたさまざまなアイデアを検討中だ。

儲からなくても続けている「mixi」だが、9月からはバナー広告を導入。有料の新サービス導入も検討するなど、ビジネスとしての展開が見えてきた。

実際mixiを利用していると、ヘビーユーザの職種には一定の傾向があるように感じるので、

属性データを分析することにより、mixi自体を有料化せず収益事業に転換するヒントを見つけることができるように思う。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク