レニー・ゼルウィガー、間もなく女優休業

気に入ったらシェアしてね

「ブリジット・ジョーンズの日記」「シカゴ」のレニー・ゼルウィガーが、ロイター通信のインタビューに対し、しばらくの間、女優業を休業し“普通の女性”として過ごしたいと語った。

 ゼルウィガーは「ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月」のプロモーション中。インタビューでは、「すぐに新しい役をやるつもりはない。しばらく休暇をとって、人生経験を積みたいと思う」とコメント。これは、かねてからレニーが語っていた見通しを繰り返したもので、具体的な休業期間は不明。

 「ブリジット・ジョーンズの日記/きれそうなわたしの12か月」の日本公開は05年春。ロン・ハワード監督、ラッセル・クロウ共演の「ザ・シンデレラ・マン」は05年に全米公開予定。

ブリジットジョーンズがあまりに自分と符合しすぎていたため

映画を見ながら具合が悪くなったのを思い出した。。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*