Windows XP SP2 セキュリティ更新プログラム適用時の問題について

気に入ったらシェアしてね

■Windows XP SP2 セキュリティ更新プログラム適用時の問題について

マイクロソフト株式会社

[問題]

Windows XP SP2 で自動更新機能を有効にしている状態で、コンピュータの電源を

切ろうとした場合にインストールが停止しているように見える状態に陥る場合が

あります。

[原因]

Windows XP SP2では自動更新を利用している場合、いくつかの更新プログラムでは

「終了オプション」を選択し「電源を切る」(システムのシャットダウン)時に、イ

ンストールされる仕組みになっております。

このたび、自動更新で提供される更新プログラムが終了時のインストールに対応し

ていなかった為、シャットダウンプロセスのバックグラウンドでユーザーの入力を

待っている状態になり、画面が停止しているように見える現象が確認されておりま

す。本問題は、更新プログラムに問題の原因があり、Windows XP SP2でのセキュリ

ティ強化によるものではありません。

[現状]

問題の更新プログラムは、日本時間の10月14日午前3時に削除され、朝10時

に適用環境の見直しと、終了時のインストールの条件から排除して再公開されまし

た。したがって、今後新たに自動更新で提供される更新プログラムでは問題は発生

いたしません。

しかしながら、既に提供されてしまった環境や、サーバーのキャッシュなどにより

しばらくの間配信が有効だった為に、まだ潜在的に問題を含んでいるコンピュータ

が存在している可能性はあります。

[問題が発生されている方に対しての対策]

ご利用のお客様方には、多大なご迷惑をお掛けして申し訳ございません。現在本件

に関する対策を下記のページで公開しております。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアしてね

フォローもよろしく

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*